HomeVideo糖尿病の最新治療「SPT」Spike Prevantion Threrapy、後編

糖尿病の最新治療「SPT」Spike Prevantion Threrapy、後編



2015年2月25日、糖尿病治療の歴史に残る講演がなされました。
「SPT」、「8単位法」などの概念が、世界で初めて発表がなされました。
これはその後編です。前編はこちら。http://youtu.be/15tCMvNjtIo

またブログがあります。医師水野のアメブロ。
http://ameblo.jp/naikaimizuno/

この講演では、インスリンの副作用についても話しています。
インスリンの皮下注をやめるため、SPTではDPP4阻害薬やグリニドなどインスリンを分泌させる薬剤を使います。
この場合、自分の膵臓から分泌されるインスリンの害からは逃れられません。

ですので、ずっとSPTのままというよりは、インスリン分泌を抑える「インスリン分泌抑制法」に変更していくべきです。

インスリン分泌抑制法についてはコチラ。
http://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_68.html

SPTは、「HbA1cを低く保ちつつインスリン皮下注を中止できる」点ではとても良い治療方法です。

以下、前編での説明を再掲しておきます。
====================
2015年2月25日、糖尿病治療の記録を塗り替えるような講演がなされました。
そして、新しい概念「SPT」、「8単位法」などが、世界で初めて発表されました。
「SPT」、それは従来の治療とは次元の違う結果を出す糖尿病治療法です。

と前フリでずいぶん大きく出ましたが、実は色々とワンセットにした治療法に名前が付いていないと不便だから名前を付けた、というのが真相です。名前も語呂が良さそうなので、他とカブっていないものにしました。

自分で勝手に名前を付けたのですから、世界初なのは当たり前ですね(笑)

またブログがあります。医師Mのブログ。
http://www.mizuno.tokyo

長年の糖尿病であっても良くなります。
2型糖尿病でインスリン強化療法をしている方でもインスリンをやめられる可能性があります。
肥満も改善されます。

それでありながら、日本全国どこでも、いますぐにでも可能な治療方法です。

糖尿病は国家レベルの問題となっています。
世界には日本の総人口を上回る糖尿病患者さんがいます。
その糖尿病を劇的に良くする方法、それがSPTです。

SPTは原理さえ知れば簡単です。
ごくシンプルな原理です。

患者さんも医師を選べる時代になりました。
情報を色々入手できる時代になりました。
現代はかつてのように大学病院や論文が全てではなくなりました。
SPTのような治療方法を実践している医師を探して下さい。

専門医に何年もかかっていたのによくならない。
インスリンもたくさん打っている。
そういう方でもあっさりとインスリンをやめられる時代になりました。

ぜひ、素晴らしいSPTの世界を御覧ください。

まず前編を御覧ください。
「Diet:食事療法」について話しています。

なお、今回の動画は第2作目です。
前回動画からご覧になるとより理解しやすくなります。

前回動画はコチラ。

糖尿病の最新治療

こちらはお楽しみ要素が強い動画です。
SPTと名付ける前ですが治療方針は同じです。

プレゼンの技法

プレゼンが苦手、スピーチはしたくない、そういう方は多いと思います。
楽しくスラスラと話せるようになりたいと思いませんか?
「えー」や「あのー」などと言わずに話せるようになりたくないですか?
そんな方にうってつけの方法です。
ごくシンプルに3つの方針に絞って話しています。
本人もとても楽しんで話しています。

source

Previous post
How to Reverse Diabetes Naturally - Why Diabetes is Reversible
Next post
Diabetes Update Presentation - Amel Arnaout, MD

Leave a Reply

Be the First to Comment!

Notify of
avatar
wpDiscuz